株価指数CFDの魅力を知ろう

CFDという頭文字を並べた単語をご覧になったことはありますか?CFDとは、contract for differenceの略で、日本語に訳せば「差金決済契約」となります。投資方法のひとつで、通常の売買であれば、モノを買うときに商品代を支払っても現物を受け取りますが、差金決済契約の場合は、モノを買う約束は、一定期間が過ぎれば必ず売るという約束がセットになっています。そして、モノを買う約束のときには商品代を支払わず、売ったときに、買ったときと売ったときの差額分のみ、あなたの損失の場合は支払い、あなたの利益の場合はもらい受けるということです。現物取引に対し、先物取引の一種といえるでしょう。

さて、このようなCFDですが、実は身近にCFDは存在します。代表例はFXです。CFDの中で取引対象を外国為替にしているものを特にFXと呼んでいるだけなのです。CFDでは様々なものを取引します。金や砂糖、原油などといった商品はもちろん、株価指数なども取引対象となります。ここからは、株価指数CFDの魅力について、もう少し詳しくご説明しましょう。

株価指数というのは、ある市場に上場されている一定数の株式銘柄の価格を、平均などの計算をして数値化したものです。日経平均株価指数なら東証一部上場銘柄のうち225銘柄を日経新聞社が選んで平均してありますし、TOPIXは東証一部上場すべての株式銘柄の株価の平均です。

特定の商品や特定の株式に投資するのと比べると、日経平均株価指数株価指数CFDは、対象となるものが株価指数なわけですから、リスクヘッジもできて非常に人気です。どういうことかというと、たとえば株券はその会社が倒産したらただの紙切れになってしまいますし、商品の場合もその商品の価格が暴落するということはしばしばありえます。ですが、株価指数の場合は複数の会社の株価から算出している数値ですから、そこに含まれる会社すべてが同時に倒産することは、普通では考えられません。また、市場の動向と連動しているので予測もしやすく、初心者の方にもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>